スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
LINEAR MOTOR CITY TOUR@ZEPP NAGOYA
2007 / 06 / 24 ( Sun )
ケイタイからちょこっと書いたけど・・・はいっ

LINEAR MOTOR CITY TOUR@ZEPP NAGOYA
ストレイテナー
2007.6.22(金)


この日は朝から雨で、わたしもがしゃも絶不調・・・
どうにもこうにも重い頭と体でなんとか開演30分前に到着。

ミラーボールの真下あたりの柵のちょっと後ろに入り込んで。
時間丁度に客電が落ちて・・・

出てきたのはホリエ1人。

スポットライトがあたって、ギターを弾きだす。

「?」って思ったら\

「♪信じなくていいよ~」曲はCLARITY
ドラムとベースは打ち込みで。

曲途中でひなっち登場!
また高まるオーディエンス。

と思ったらシンペイもドラム前にかっこよく立ち尽くす。
・・・と思ったらおかしな動きを!
思わず笑った!たぶん笑うトコじゃないんだけどねぇ。

そこからはハイテンポの曲が続く。
3曲くらい終わったところで早くも客席に飛び込むシンペイ!

上がってる証拠!

でもわたしは・・・うーん・・・
柵につかまってる女の子のすぐ後ろにいて
ステージはすっごいよく見えるし
いいんだけど、いいんだけどーおとなしくて。
すぐ前でモッシュ起こしてる女の子達が楽しそうで
もやもやうずうずしてて。

でも、会場が広い分、証明なんかも少し凝ってて
ミラーボールも回ってたし
煙?を通して壁に当たったライトが
すっごいキレイで、そんなのに見とれながら音に浸ろうと。

BIRTHDAYは、証明も激しくてよかったー!

と、急にスローな曲(何だっけ?知ってる曲だったけど思い出せない)。
始めるときに、ホリエがすごくリラックスした顔で
ひなっちと目を合わせて笑ったのがすっごく印象的。

SIXDAY WONDERはもちろん鍵盤弾き語り。

あとね、RESTが、このライヴん中で一番印象的だった!
めちゃくちゃベースがかっこいい!
めちゃくちゃホリエがセクシーだ!
んー!ちょっとハマりそう!

そして言葉少ななMCで
「こっから後半戦」と。

いまいち乗り切れないわたしは
もういいかげんにもやもやしてて
いつ前に出て行こうかどこへ行こうか、
そんなもやもやもやもや。

後半1曲目はERROR
そしてもう1曲の後にBERSERKER TUNE

もぉガマンできなくなって
前の人押しのけて柵をくぐって
ひなっち側の楽しそうな場所へ。

うぅ、でもこのノリ物足りない!

結局前へ前へ進み、
KILLER TUNEで壊れたら\

また人を押しのけて柵をくぐって一番前のゾーンへ。

それでもまだまだノリ足りない!

意外とおとなしい周りをかまわず飛び跳ねる!

・・・でもみんなもう疲れてたのかな?
わたしは前半圧迫感のないとこで飛び跳ねてただけだから\

体力的には全然余裕だったもん!

それにしてもひなっちが近かった!

ひなっちのベース、すごい!

あんなに激しくカッコイイベースを弾くのに
あんなに優しい音も出せるんだーなんて
ちょっと感動しちゃった☆\

んー?どの曲やったときだっけな?

そして、ホリエの手元もしっかり見えてたまらんかったー!

鍵盤を弾く手元まで見ちゃったもんね!

やばー!ホリエの手!口元!

すっごい笑顔な3人。

シンペイがまた客席にダイブ!
3列目くらいに来ちゃってたわたし、もちろんさわった!
シンペイがすっごい可愛らしく見えたよ。

そしてステージから去っていったけど

・・・

時々叫びながら手を叩く。

早く出てきてよー!と。

きっと出てきてくれる!と手を叩き続ける。

すぐに出てきてくれるアーティストがほとんどの中\

テナーは手を叩いても叩いても叫んでも・・・

前半もやもやしてたわたしはとにかくまだ体力余ってるし
もっと見せてほしくて!!!

結構な時間が経ったとき

ひなっち登場!

なぜかピンク色のおしゃれな傘をさして。
くるくる回しながら後ろ向いたりして可愛らしい。

続いてホリエが出てきて、
奥にあるキーボードを弾き、
傘を閉じたひなっちがそれにあわせて。
おだやかな音で。


シンペイは下手の後ろの方に立ってて。
そこに向かって「シンペイ!!!」ってみんなで叫んだら\r
「なーんだよぉ!」って笑って言うシンペイ。妙に可愛かった。

そして・・・ホリエがマイクの前に立って
「何やろっか?」

「!?」

ホリエが鍵盤弾いて、それにひなっちが合わせて・・・
それだけでも「!!」って思ったのに
まさか!?曲やってくれるのっ!?

「Yes,Sir!!!」って叫ぶわたしの周り。
わたしも「あっそれ見たい!」って思って一緒に叫んだ。

ギターをかき鳴らすホリエ、
オーディエンスをあおるひなっち。

うわー!きたー!!!Yes,Sir
シンペイも激しい!ヤバイ!

もぉホント暴れた!なんて顔して演奏するんだろ!?

もぉ叫び続けちゃってた!

そして。

次にひなっちがベースを・・・
来たー!SPEEDGUN!
もぉ壊れるしかない!!!

ラストの曲には、燃え尽きるには最高の!!!

めっちゃくちゃかっこよかったぁぁぁ!

シンペイも何回ダイブしてた!?

すっごいすっごい3人ともかっこよかったなぁぁ!


だけど、広い会場でライヴっていうのはなかなか難しいのかも。
演るほうもだけど、オーディエンスも。
ホリエも何度か口にしてた
「広い」そして「きっと初めて来てくれた人もたくさんいると思う」
だから、ライヴに不慣れな人もいて、
いろんな楽しみ方をする人がいて。
ライヴの楽しみ方なんて人それぞれだと思うけど
小さな会場だと自然に同じ楽しみ方をする人が集まる。
でも広くなっちゃうとそれがなかなか難しくなっちゃう。
そんなことを如実に感じたライヴだった。

でも、そもそも低気圧のせいで絶不調だったのを\

Tシャツもタオルも買っちゃうくらい(買っちゃった!)
アゲてくれたテナー。さっすが!

ありがとう!!!
スポンサーサイト
22 : 51 : 23 | 音楽いろいろ♪ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<万祭~BANZAI~ | ホーム | ぶっ生き返すツアー @Club-G>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kirachoco.blog9.fc2.com/tb.php/524-3ccc2f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。