スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
柿を食べたら日本一! ~どまつり2006~
2006 / 09 / 04 ( Mon )
書きたいことがありすぎて何から書いていいのか…と思いつつ。

やっぱこれでしょ!ニューヒーロー。
20060828155832.jpg
柿之助! と、悪の親玉ブラックバード
あんまりいい写真がなくてスイマセン。

すっかり有名人の柿之助。
多分この夏のどまつりでは1番目立ってたよ!

どまつりの2日間、ヒーローでありつづけた柿之助。
暑さも人一倍だったはずなのに、ずーっとがんばってた。

20060828155846.jpg
隠し撮り♪
休んでるときもヒーローらしく。
ほかからほとんど見えないとこなのに、この休憩姿。
すごい根性。

ここまで本当にがんばったからこそ柿之助がみんなに受け入れられて
巣南音頭2006~柿から生まれた柿之助~
がただの“イロモノ”としてだけではなく評価され
5位を受賞するに至ったんだと思ってます。

と思ったらチームのBBSに柿之助からの「柿込み」が!
柿之助、謙虚ですねー。ありがとう!


わたし個人のことを言えば、今年のどまつりは
なかなか本気になれないまま迎えてしまったところがあったかも。
冬~春にかけての体調などの不良からあんまり練習にも行けず、
性格上行かないとますます行きづらくなり。
まともに練習に参加したのは本当に夏になってからだったよ。
それでも普通にそんなわたしを受け入れてくれて、
さらには心配までしてくれた、そんなチームのメンバーに
ほんっとぉ~に感謝感謝です。

前夜祭に出て、翌朝には5時に家を出て向かう先は極東NEVER LANDで、
またその翌朝には帰ってきたと思ったらすぐにどまつりに向かい、
そしてファイナル進出。

イイトコ取りしちゃってるのに、
「日曜はどまつり行けます」というわたしのために
「えー!だったら踊ろうよ!」と言ってくれたたくさんの方々、
フォーメーションのなかにわたしのポジションをつくってくださった方、
そのためにちょっと余分な動きが増えてしまうのに
「いいですよ♪」ってにっこり受け入れてくださった方
ありがとうー!

柳原通りの4回連続パレードから始まったどまつり本祭2日目。
お天気も悪くないけど良すぎない程度だったからなんとか踊れたのかな?
踊るたびに当然汗だくにはなってたけど。
やっぱり商店街の会場はあったかいなぁぁーと思う。
ここでは給水所に氷柱が置いてあった!
こういう心遣いが素敵だよね。

そして次は円頓寺のパレード。
ここは昨年もお世話になったし、前日にもチームのみんなは踊った会場。
(コースはちょっと違うけど)

そろそろファイナル進出チームには連絡が来る頃で。
なんだかそわそわするメンバーたち。
わたしは、今年はメンバーだけどメンバーじゃないみたいな
なんとなく部外者的な感覚もあって考えないようにはしてたけど
周りがそわそわすると気になるよねー。
ってところで同じパレード会場で踊るために
わたしたちの前の前の前くらいに並んでたチーム
信州大学の“和っしょい”にはファイナル進出の連絡が来て発表されたみたいで。
ちょうどわたしはそこのチームの横を歩いてたから
その喜びのあつーい風みたいなものをもろにくらってしまって
すごいどきどきした。

でもウチの代表は何も言うこともなく…というより地方車のほうにいて
姿さえ見えませんでしたけども。

演舞のために商店街に並んで、代表のチーム紹介が始まって…
「岐阜県の瑞穂市からやってまいりました、富有樂猩…
さてわたくしたち…ファイナル進出が決定しました!!!」と
まさかの不意打ちファイナル進出発表。

とりあえず柿之助と、旗師の兄さんたちと握手あくしゅ!

うれしかったんだよー本当に。審査のとき踊ってないくせに(爆)
江州大舞隊からわざわざお手伝いに来てくれた旗師の兄さんたちや
本当に人一倍暑い中がんばってる柿之助の姿を見てたらもぉ。

こうなるともぉメンバーのテンションもぜんぜん違って。
よりいっそう柿之助の魅力をアピールできる楽しい演舞を披露できたんじゃないか
なー。

そしてその演舞が終わって栗鼠゛の姿を見たら
より一層うれしくてうれしくてたまらなくてもぉ涙が出たよ。
栗鼠゛、メンバーとして一緒にどまつりに出られるのは最後だったから
やっぱりいい思いをしてほしかったもん。

次のナディアパークでの演舞ではお客さんが一緒に手拍子をしてくれるのが
すごくよくわかって、うれしかったなぁー!

そしてファイナルへ。
普段会場についたらあんまり練習することもない樂猩だけど
(まぁそれもわたしは樂猩らしさだと思ってる。
勝つことにこだわりすぎない良さっていうかね。)
さすがに気になったところを各パートに分かれて打ち合わせ。

そして待機スペースでファイナル演舞の順番が来るのを待つ。
大画面モニターで他のチームの演舞を見ながら。
焦りだとかそういうものはまったくなくて
他のチームの演舞も純粋に楽しみながら見てた。

そして樂猩のファイナル演舞。

演舞順が13番目、つまり一番最後だったのだ!

それにふさわしいわかりやすく楽しい演舞を披露できたと思ってる!

すっごい気持ちよかったなぁ!!!


そして結果は5位。

昨年4位だったから下がったといえばそうなんだけど
ただもうあのステージに立って楽しく踊らせてもらって
そしてそれだけの評価をいただけたことがうれしくて仕方なかった。
満足感でいっぱいだったなぁ!
てゆーか5位ってホントマジですごいんだもん!

今年はちょっと変わった演舞の構成だったけど
それでも樂猩らしさは失ってないと思う。

チームとしても初めてステージで踊るラストの総踊り。
あんなに楽しいストトコも初めてだったよ!

他チームの方々からもちょくちょく声をかけられて、
「楽しかった!おめでとう!」って声をたくさん聞いた。

「柿之助もかっこいいけど、それに頼らず周りの踊りがしっかりしてる。
そこがいい!
だから全体がかっこいい!」
そう言ってもらえたのがうれしかったなー。

わたしたちは今回役割があって目立ったり目立たなかったり。
けど全員がそれぞれに柿之助に愛着を持っていて
そしてそれぞれが同じ気持ちで演舞をきっちりこなして
ひとつの舞台を作り上げることに向かっていたこと、
それが良かったんだと思う。
もちろんMCの方も裏方さんも。

このファイナルの演舞を経験して、
わたしの中にやっと今年の振り付けが「入った」と思った。


これから…もっといろんなお祭りで伝えたいなぁと思う。

20060828155816.jpg
帰りにいただいたどまつりコラボのファミマの巻きおにぎり。
んまかった。
スポンサーサイト
20 : 32 : 12 | よさこい | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<休日はやっぱりカフェめぐり | ホーム | まつりのあと…@長浜浅井>>
コメント
--ヤバイ--

また泣いちゃったよ!
今年のどまつりは本当良かったね。NEVERLANDから戻ってきてくれてありがとう!きらしょこさんと一緒に踊れて、一緒にファイナル進出発表を聞いて、嬉しかった!
by: 栗鼠゛ * 2006/09/08 19:44 * URL [ 編集] | page top↑
--本当にありがとう!--

>栗鼠゛
いえいえこちらこそ!
一緒に出られて、あのステージに立てて本当に楽しかった!うれしかった!
あっちで楽しんで、こっちでも踊らせてもらおうなんて虫が良すぎるかななんて思ってたけど、樂猩メンバーは本当に仲間だね!
もちろん!これからも栗鼠゛は樂猩仲間ですから!
あ、明日は会えるのね!?
by: きらしょこ * 2006/09/09 17:03 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/10/30 20:58 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kirachoco.blog9.fc2.com/tb.php/330-08f79cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。